忍者ブログ
top

パルタブログ

マビノギ英雄伝新規ちゃんのブログです!(3年目

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

バスジャック

注意、今回は非常に読みずらいというか、小説の内容が特異で伝えきれねーぞksが。

三崎亜記の「バスジャック」について書く。 


この小説家の作品は
世にも奇妙な物語っぽい。

というか世にも奇妙な物語だろこれ。


現代社会でなにか一つおかしなところがあるというか。
たとえばこの本はオムニバス形式の短編集なわけだけれど、
タイトルになっているバスジャックという話を例にあげる。

一言でいえば、
バスジャックがなんかしらんけどブームになった。
そんな話。

移動距離、総報道時間、占拠時間、オリジナリティの観点で得点がつけられ
ランキングにされてる。

また、能楽にみたてて役割が振られており、
運転手と前方ドアを監視する「シテ」
最後部で銃を持って全体を見渡す「ツレ」
爆弾のスイッチを握る「地謡」
中立的な立場でバスジャックが手順を守っているかを採点する「後見」


その他いろいろ
バスジャックをする前に口上を述べなければならない等形式的である。


こんなアホっぽい題材なのにとてつもなく設定がつくりこまれててわろた。


まぁこの人は、こんな題材で書くのかwwwってのも多いし、
この発想はなかったと驚くような題材で書いてくれることもしばしば。
また題材だけで押すわけじゃなく、ちゃんと小説としておもしろい展開だったりする。



そして俺のお気に入りがこれだ!!
この本の最後にのっている話「送りの夏」
これが最高にいい話。

お母さんがどっかいっちゃって、
なんとかしてその場所を探し出して凸してく娘の話だ。

そのお母さんがいったとこが、

年も生まれもバラバラな人間が共同生活をしているペンションっぽいところ。

共通点は一つ。
車椅子にのっただれかに付き添ってるということ。
車椅子にのっているのは
生きているのか死体なのか人形なのかわからない。
すごいリアルな人形にも見えるし、
人形にしてはリアルすぎるようにも見える。




なぜそこにすむ人々はまったく動かない死体だか人形だかわからないやつと
セットで暮らしてるかと言えば、
大切な人を失って、それを認めたくない。
忘れたくないって思ってるから暮らしてんのさ。

そんで自分の中で踏ん切りが付いたら、
大切だった人を船に乗せて送るんだ。


いい話っぽいだろ?

でも一つ難点があるといえば、
愛情に主眼が置かれすぎてるようなきがする。

もっとさ、友情を描いてほしいのよ。
昨今漫画でも小説でもそうだけど
ヒロイン的な位置づけのキャラが必須みたいな風潮あるじゃん?
そういうのは見飽きたのよ。

俺はレッツエンドゴーとかシャーロックホームズとか走れメロスみたいな。
いやまぁシャーロックホームズはよくしらないんだけど、
友情を描いて欲しいの。


小説の中で女が出てきても俺は言い気分にならないし、
漫画にでてくる女の子に発情はできない。
かといって現実の女の子は俺に優しくない。
だから俺は間をとってAVを見るんだろうなぁ。
PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

晒し上げボタンだよぉ

あやしいボタンおいときますんで自己責任で踏んでね

最新記事

(08/20)
(06/07)
(06/07)
(05/25)
(05/22)

最新コメント

[08/20 読者]
[06/09 ふぁろ氏]
[05/05 ぷらんぷらん]
[04/15 ゆうか]
[04/14 平家ガール]

ちゅういがき

1、
このブログはフィクションだと思って読むこと 


2、
ブログに名前でる人は少なくとも好意的に思ってるからな。
本気の批判とか悪口とかはブログにあげないからね。
文句みたいに見える文章もあるかもしれないけど
ネタだからな全部。


3、
こんなブログみてる暇あったら
TODAY立てろ

ぷろふぃーる

Author ぱるた

マビノギ英雄伝
フレ欲しいやつは23chこいよwww
リシタ うじ 



ホモ MP7 



カイ うぼます



23chでうろちょろしてるよ

カウンター

カレンダー

03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

ブログ内検索

最古記事

(06/01)
(06/02)
(06/02)
(06/02)
(06/03)

忍者アナライズ

P R